詩「私でいいんだよ。」

とても身近に、 キラキラした存在がいるって、 辛いね。 自分が欲しかったもの、 たくさん持っていて、 ツラいね。 でもね、違う人生を歩こう? 自分は自分って、言える人生を。 比べて自分の首を締めるのは、 もう辞めよう。 私は、私。 自分にしか歩けない…

詩「憂ウツ」

ずーっと寝ていたい。 明日が来て欲しくない。 何も直視できない。 ただ、寝たい。 ただ、疲れた。 未来なんて思い描けない。 ただ、暗い空想が広がるばかり。 重い体を引きずって、 ずるずると進む。 生きてるだけで、奇跡だ。 ただ、体を休ませたい。 寝て…

詩「死にたい時は」

死にたい気持ちがある時は、 心を遮断しよう。 あらゆるものが刺激になって、 心を傷付けるから。 見たいものを見て、 やれることをやって、 倒れたいなら、 倒れてもいいから。 どうにかこうにか、 この1日を生きよう。 希望なんてなくたっていい。 真っ暗…

詩「心の安定。」

心の安定。 それが1番大事。 世間的には正しい生き方でも、 自分にとって しんどい生き方なら、 辞めていい。 それを 「間違い」と言う 人がいるならば、 その人とは距離をとっていい。 心安らかさ。 それを1番に優先してもいい。

詩「思い通りにいかない。」

人生は思い通りにいかない。 想像ができない。 だったら、 流されてもいいじゃないか。 流されながら、 考えてもいいじゃないか。 何もしない訳じゃない。 しっかりと目を見開いて、 今どうすればいいか、 考えるんだ。 何も思い付かない時は、 もう考えなく…

詩「嘘偽りのない世界」

あなたはどんな場所で暮らしたい? どんな世界で生きたい? どんな生き方をして、 どのように過ごしたい? あなたの思いが、 人生の地図になる。 もっともっともっともっと、 教えて。 あなたと近づく度、 理想の世界、近くなる。 嘘偽りのないあなたを。 あ…

詩「嫉妬心」

人を嫉妬する気持ちは、 あってもいいんだよ。 嫉妬する自分は嫌いだけど、 その感情は本当なんだから。 羨ましいよね。 あんな風になりたいよね。 きっとその気持ちがあるから、 変化も生まれるんだよ。 自分には何があるかな? 本当の幸せって何かな? 嫉…

詩「不安がいっぱい。」

不安で仕方ない時は、 徹底的に不安がろうじゃないか。 今はきっと、 そういう時期なのだから。 一生ずっと不安な訳じゃない。 楽しい時期もあれば、 不安な時期もある。 人生は浮き沈み。 楽しい時期はいっぱい楽しんで、 不安な時期を乗りきろう。 毎日が…

詩「あなたの幸せ」

あなたがこんなに苦しんでいるのに、 わたしは何もしてやれない。 叶うなら、 その体をぎゅっと抱きしめて 「よく頑張ったね、大好きだよ。」 と言いたい。 あなたに伝えたい。 本当にわたしは、 あなたの幸せを考えているのだと。 どうすれば、あなたは幸せ…

詩「よく頑張ったね。」

今日も1日よく頑張ったね、 お疲れさま。 些細なことでも、 あなたにとっては大変なこと。 人より、 何倍も何倍も何倍も何倍も 大変なことを あなたはやり遂げているんだよ。 生きてるだけで、 素晴らしいね。 あなたは本当に よく頑張っている。 誰にもけ…

詩「何がしたい?」

今日1日を生きる。 それだけでいいんだよ。 先の事考えると、辛くなるね。 今日、何したい? 食べたいもの食べて、 飲みたいもの飲んで、 行きたいとこ行って、 見たいもの見る。 あなたが好きなこと していいんだよ。 あなたを満足させられるのは、 あなた…

詩「そのままで。」

なんでお前はできないんだ。 って、 自分を責める。 けど、 一生懸命やってきたんだよ。 他人のものさしで、 自分をはからないで。 大丈夫。 あなたがやってきたこと、 全部私は知ってるから。 どんなに小さな事でもいい。 生きてるだけでいい。 認めて、認…

詩「自分へ。」

あなたを守りたいよ。 安心できる場所に、 あなたを連れていきたいよ。 あなたの思うままに。 危険を感じないで、 生きていける場所へ。 どこまでも、どこまでも、 探すよ。 あなたの命が尽きるまで。 わたしは、あなたを守りたい。 これ以上、苦しまないで…

詩「辛いね。」

辛いね。辛いね。 どうしてこんなに、 辛いんだろうね。 やれること、 やってきたのにね。 どこにも居場所がないみたいで。 とりあえず、今日は眠ろう。 明日できることは、 明日しよう。 今日という日を一区切りに。 今日もいっぱい、 頑張ったね。

詩「罪なんて、どこにもない。」

働きたくても、働けない。 働けないことは、罪じゃない。 あなたは、できることをやってきた。 自分ができることを探して、 ここまで歩いてきた。 決して怠けてきた訳じゃない。 一生懸命、一生懸命。 できることをやってきた。 ほとんどのことが、 上手くい…

詩「繊細な心。」

すぐに崩壊する心。 きっと人より凄く凄く繊細なんだね。 神様がつくった心。 辛くて、 文句を言いたくなるときも あるけれど。 たくさんのことを感じられることは、 特権でもある。 楽しいことも数倍、辛いことも数倍。 たくさんたくさん経験して。 きっと…

詩「ダメな自分を受容する。」

できないことがいっぱいある。 その度に、 「なんで出来ないんだ!」って 自分を責める。 だけど、 何かができるから 価値があるんじゃなくて、 (心がほっと暖かくなる。) そんな経験が多いほど、 良い人生って 言えるんじゃないかな。 できないことが多く…

詩「自分を大切に。」

不安で不安で、たまらない時。 私はずっとずっと、励まし続けよう。 自分自身を、庇い続けよう。 心をぎゅっと包み込むように。 私は「大丈夫だよ。」と言いたい。 ありのままの自分を、 愛を持って支えたい。

詩「真実のココロ」

「間違っている」 という人がいる。 でも、自分は 「間違っていない」 と思う。 じゃあ、それで正しいんだよ。 素直な心が、正しいんだよ。 ねぇ、聞いてみて。 あなたの心は、何て言ってる? 心がザワザワしたら、 本当の真実を探す時だよ。

詩「信じてあげていい。」

もしも世間が敵に回っても。 自分だけは、自分の味方だよ。 例え石を投げられようとも、 「お前は違う」と批難されようとも。 自分の心だけは、守り抜くよ。 それが世界に嘘をつかないということだよ。 自分を愛する、唯一の方法だよ。

詩「不完全感」

人間にはできないことがある、認めようよ。 周りができても、 自分にはできないことがある。 それでいいんだよ。 自分を捻じ曲げる必要はないんだよ。 ただ、ありのままで良い方法を探すんだよ。 大丈夫。 道はあるから。

詩「愛する自分へ」

あなたのために、 わたしはいるの。 あなたを生かすために、 わたしはいるの。 あなたが幸せであれば、 周囲も幸せになるの。 周囲が幸せであれば、 わたしの世界は平和なの。 それがわたしの願いなの。 いつだって、 笑顔でいたいの。

詩「それでいいのです。」

思い出して、あなたは考えた 思い出して、あなたは行動した 思い出して、あなたは思った 思い出して、あなたは決断した 全部全部、考えた あなたは悪くない 考えた上での、結論だもの

詩「涙は、無駄じゃない」

泣いたらいいさ、我慢しないで。 思う存分、泣いたらいいさ。 傷付いたぶん、優しくなれる。 自分のために、優しくなれる。 もちろん、周りにも。 あなたも周りも平和になるために。 思う存分、泣いたらいいさ。

詩「眠れないね。」

眠れないね。 仕方がないね。 考えること、たくさんあるね。 それはあなたが、真面目だから。 たくさんたくさん、考えて。自分のために、考えて。 世界が平和であるために。 納得の行く答えが、 見つかりますように。

詩「ありがとう、私」

ありがとう、私。 いつもありがとう。 私を守ってくれて。 頑張ってくれて。 私を必死に生かそうとしてくれてるの、 感じるよ。分かるよ。 ごめんね、もう責めないよ。 私はあなたの味方。 あなたの思うままに。 私の思うままに。 生きていきたいね。

紆余曲折あった私のこれまで⑤

何もかも空回りし、上手くいかなくなった私に転機が訪れたのは、高校を卒業してから半年が経った頃でした。お盆でおばあちゃんの家に行った際、いとこにあるアルバイトを紹介されたのです。 (私は普段、いとことはほとんど交流しないのですが、その時はたま…

紆余曲折あった私のこれまで④

高校を卒業したことによって、私は所属する場所と、相談できる人を失いました。(仲の良かった美術の先生と、信頼するスクールカウンセラー) 先生には学校へ行けば会えますが、既に生徒という立場ではなくなっていた為、気軽に相談するのは難しい状況でした。…

紆余曲折あった私のこれまで③

通信制高校での日々は、順調に過ぎていきました。 今までとは違い、(災害の日以外)一度も休むことなく、単位を落とすこともありませんでした。 ただ、私には大きな壁がありました。それは、卒業しても行く当てがないということです。 普通であれば、高校を卒…

「いつも元気だね」と言われるけれど。。。

仕事をしていると、よく言われるのが、「○○さんはいつも元気だね」という言葉。 どの職場でも、これに近いことは言われます。 もちろん、嬉しい気持ちはあるのだけれど、少し複雑です。 家の中での私は、どちらかというと口数が少なくて、疲れて倒れ込んでい…