詩「私でいいんだよ。」

とても身近に、
キラキラした存在がいるって、
辛いね。
自分が欲しかったもの、
たくさん持っていて、
ツラいね。
でもね、違う人生を歩こう?
自分は自分って、言える人生を。
比べて自分の首を締めるのは、
もう辞めよう。
私は、私。
自分にしか歩けない道がある。
失敗したって、
仕方がないさ。
だって、頑張ったんだもの。

詩「憂ウツ」

ずーっと寝ていたい。
明日が来て欲しくない。
何も直視できない。
ただ、寝たい。
ただ、疲れた。
未来なんて思い描けない。
ただ、暗い空想が広がるばかり。
重い体を引きずって、
ずるずると進む。
生きてるだけで、奇跡だ。
ただ、体を休ませたい。
寝ているような状態で、
今日もまた、生きる。

詩「死にたい時は」

死にたい気持ちがある時は、
心を遮断しよう。
あらゆるものが刺激になって、
心を傷付けるから。
見たいものを見て、
やれることをやって、
倒れたいなら、
倒れてもいいから。
どうにかこうにか、
この1日を生きよう。
希望なんてなくたっていい。
真っ暗闇の中で、
目を瞑りながら、
ただ1歩づつ足を踏み出そう。
そしたら時間が解決してくれる。
精いっぱい生きたならば、
それだけで充分。

詩「心の安定。」

心の安定。
それが1番大事。
世間的には正しい生き方でも、
自分にとって
しんどい生き方なら、
辞めていい。
それを
「間違い」と言う
人がいるならば、
その人とは距離をとっていい。
心安らかさ。
それを1番に優先してもいい。

詩「思い通りにいかない。」

人生は思い通りにいかない。
想像ができない。
だったら、
流されてもいいじゃないか。
流されながら、
考えてもいいじゃないか。
何もしない訳じゃない。
しっかりと目を見開いて、
今どうすればいいか、
考えるんだ。
何も思い付かない時は、
もう考えなくたっていい。
できることはやったんだって、
自分を認めながら、
今日はもう、眠りにつこう。

詩「嘘偽りのない世界」

あなたはどんな場所で暮らしたい?
どんな世界で生きたい?
どんな生き方をして、
どのように過ごしたい?
あなたの思いが、
人生の地図になる。
もっともっともっともっと、
教えて。
あなたと近づく度、
理想の世界、近くなる。
嘘偽りのないあなたを。
あなたの望む世界を、
生きていきたい。

詩「嫉妬心」

人を嫉妬する気持ちは、
あってもいいんだよ。
嫉妬する自分は嫌いだけど、
その感情は本当なんだから。
羨ましいよね。
あんな風になりたいよね。
きっとその気持ちがあるから、
変化も生まれるんだよ。
自分には何があるかな?
本当の幸せって何かな?
嫉妬から真実が見えてくる。
考えよう。
考えて、
自分にとっての幸せを
追求しよう。