読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【駄目な自分へ】大丈夫だよ。

f:id:usakoromochi0356:20170316223409j:plain

いつもいつも、頑張ってる私。
出来ないことにばかり、目が行く私。
だけどね。
本当は誰よりも、
今を生きようと必死なんだよね。
結果がでなくても、
一生懸命やってること、
知ってるよ。
人並みになりたくて、
その方法を
探してるんだよね?
でもね、
あなたが好きなことを
やって欲しいんだ。
あなたの自由なように、
生きて欲しいんだ。
お願い。
自分を苦しめないで。

【絵と文】夢のない世界。

f:id:usakoromochi0356:20170314194330j:plain

サンタさん、サンタさん。
聞こえていますか?
夢を見るのは、悪いことですか?
望みが多くては、いけませんか?
最初からないのなら、
希望も何もないのなら、
私は何も望みません。
誰か教えてください。
夢の先には、
何があるかを。

Thank you for you.


※この作品は、『クリスマスの贈り物』を
題材に描いたものです。
良ければこちらもどうぞ。↓
『朗読asmr・クリスマスの贈り物』
https://youtu.be/DLvppCfjOyU

【絵と文】イジワルねずみ。

f:id:usakoromochi0356:20170311165449j:plain

僕はねずみ。
小さなねずみ。
世の中は酷いことだらけ。
僕の味方なんか、居やしない。
誰もが皆、僕を騙す。
僕はほんとは、
もっと敬われても、いいはずなのに。
誰も分かってやしない。
さあ今日も、
自分の為だけに生きるぞ。

Thank you for you.


※この作品は、『ツェねずみ』を
題材に描いたものです。
良ければこちらもどうぞ。↓
『朗読asmr・ツェねずみ』
https://youtu.be/WUauvT_jzus

【本紹介】発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由

皆さん今日は。いかがお過ごしでしょうか?
記事制作者の彩愛です。😃🌿

今回紹介する本は、こちら。


発達障害の僕が輝ける場所を
         みつけられた理由』

             著・栗原類
f:id:usakoromochi0356:20170308142834j:plain
今現在モデルや俳優業をして活動されている
栗原さんは、2015年、
自身が出演する番組内で、
発達障害の一つであるADD(注意欠陥障害)
であることを告白されています。


この本では、彼が今までの人生で
どのようにして困難を乗り越えてきたか、
また、
その背景にはどのような支えがあったのか、
などを詳しく、
そして非常に分かりやすく丁寧な文体で
綴られてあります。


著者は栗原類さん本人だけではなく、
今まで一番傍で彼のことを見守り、
そして支えてきた、母親の泉さんも、
栗原類さんとはまた別の視点(母親の視点)
から今までのことを振り返っています。


この本の中で特に重要なのは、
彼を一番に支えてきた母親(泉さん)の存在と、
障害についてよく知る
彼の主治医の存在だと思います。😃
(実はこの主治医視点での回想も、
インタビュー形式で載っています。)


栗原さんがどんなに人と違っても、
周りと同じような行動がとれなくとも、
一つ一つの問題に丁寧に向き合って、
彼に適切な環境を与えようとする
泉さんの姿勢は、
彼の人格に大きな影響を与えています。


また、そんな彼女も、
主治医の先生の存在があったからこそ、
万全な体制で子育てに挑めたと、
本の中で語っています。
(栗原類さん本人も、
主治医のことは家族の次に信頼していると
書いてありますし、
専門的な知識を持った第三者の存在は、
家族や親友などとはまた違った
安心感を与えてくれるのだと
思います。)


栗原さんは決して完璧ではないけれど、
多くの人に支えられて、
そしてその分多くのことを人に与えて
ここまで来たんだなと、
改めて感じました。


巻末には、芸人の又吉さんとの
対談も載せられているのですが、
お二人の人柄の良さが滲み出ていて、
非常に読んでいて面白かったです。😄


この本はどちらかというと
タレント本というより、
発達障害に対する理解を深める為に
制作されたもののように感じます。


ただ、栗原さんに少しでも興味のある方や、
発達障害について
もっとよく知りたい方にとっては、
非常に価値のある一冊だと思います。


あまりまとまりのある文にならなくて、
すみません。💦
長々と駄文にお付き合い頂き、
ありがとうございました!🙇

【絵と文】都合のよい若者達。

f:id:usakoromochi0356:20170306210730j:plain

僕達のために回っているよ。
全部、全部。
欲しい物はすぐに見つかるよ。
向こうからやって来るよ。
だから何も考えず、
流されるままに
生きていくよ。
後ろから聞こえて来る、
悪魔の声にも
気付かずに。

Thank you for you.


※この作品は、『注文の多い料理店』を
題材に描いたものです。
良ければこちらもどうぞ。↓
『朗読asmr・注文の多い料理店
https://youtu.be/DJzkgxnP7C8

【絵と文】哀しき運命。

f:id:usakoromochi0356:20170228134101j:plain

暖かい光。私を包み込む。
世の中の複雑さも全部掻き消して、
私に夢を与えてくれる。
ありがとう。
だからもう、泣かないね。
愛するものも何もかも
全部心の中に抱いて、
私は行くね。
長い長い、旅路を。

Thank you for you.


※この作品は、「マッチ売りの少女」を
題材に描いたものです。
良ければこちらもどうぞ。↓
『朗読asmr・マッチ売りの少女』
https://youtu.be/mtJ9AraXRzM

【本紹介】ポジティブの教科書

花粉が多く飛ぶ季節になりました。
皆さんいかがお過ごしでしょうか?
記事制作者の彩愛です。😃

今回紹介する本はこちら。


『ポジティブの教科書』
             著・武田双雲

f:id:usakoromochi0356:20170301170552j:plain
この作品はだいぶ前に店頭で見かけて、
パラパラと手に取って読んでみたところ
とても読みやすい文体で心惹かれたため、
購入した作品です。


作者である武田双雲氏は
書道家として活躍されており、
自身が開かれてある書道教室には
たくさんの著名人が通われているそうです。


本は、章ごとに大きなテーマに分かれており、
全て合わせると95項目の事柄について
彼の実体験に基づいた考えが書かれています。


よくある自己啓発本より砕けた文体で、
堅苦しくなく、(たまには冗談もはさみつつ)
身近にあった出来事をテーマに
どのようにすれば前向きになれるか、
(周りの人をハッピーにできるか)
について解説してあります。😃


もちろん、それらは全て彼自身によって
導き出された方法であって、
万人に当てはまる方法ではないのですが、
先人の知恵などを借りて編み出された
ポジティブな物事の捉え方は、
決して無駄になるものではないと思います。


(私がこの本を読んで、「へぇ~」と
驚いたのは、脳科学の世界から見れば、
失敗だろうと成功だろうと、
挑戦さえすれば
脳の同じ部位が発達していく。
=結果がどうあれ、
どちらも脳が発達するのに変わりないため、
失敗をマイナスと考えるかどうかは、
その人の捉え方次第。という部分です。)


また、全編を通して感じられるのは、
武田双雲氏が『いかに周りを幸せにできるか』、
『周りに何を与えられるか』、
を主軸として物事を考えられている
ということです。


今、人間関係で酷く傷付いていたり、
悩んでいる人にとっては、
その生きる姿勢自体に何か感じるものが
あるかもしれません。
(ただ、本文のところどころには、少し
やり過ぎかな?と思う所もありますが😅)


人生は物事の捉え方次第で決まるんだなと
改めて感じた作品でした。
それから、単純に様々な視点から物事を
捉えられているので、
新たな発見があって、面白かったです。🌿


今、前向きに生きたいけど何から始めたら
いいか分からないという人は、
是非読んでみて下さい。
少なくとも、損をする読み物ではないと
思います。😃


※ただ、脱字がチラホラと
見受けられるので、そういった面で
気になる方がいらっしゃるかもしれません。


長々と駄文にお付き合い頂き、
ありがとうございました!🙇