HSPとは?(人一倍敏感な人について)

私がこの言葉を知ったのは、
今年の初めくらいのことでしょうか。

色々自分の敏感さに悩むことが多くあり、
どうすればこの心のモヤモヤを解消することが
できるのか、考えていた時に、
たまたま出会った言葉だったように思います。?

思えば私は、昔から人とは少し
違った感性を持った子供でした。

人の輪に入るのは苦手だったし、
同じような話題にのることができない。
皆が何を話しているのか分からなかったので、
いつも少しだけ浮いているような
存在でした。?

それでも低学年の頃までは
それなりに上手くやれていたのですが、
大人になるにつれて、この
「皆とは違う特性」が大きな足かせへと
変わっていったのです。

敏感過ぎて集団の中に入っていくのが苦手で、
一人ぽつんと孤立することも多々ありました。
ただそこにいるだけなのに、
周りの会話が騒音のように感じられて、
耳を塞ぎたくなるような思いをしたことが、
幾度もありました。☔

そのようなことから、
私は学校へ行けなくなり、
だんだんと未来への希望もなくなっていきました。

どうして自分はこんななんだろう?
どうして皆と同じようにできないんだろう?

そんな思いを抱えながらも
何度も挫折を繰り返し、
やっとこさここまで辿り着いた訳ですが、
そんな折りに前述の言葉と出会ったのです。

「5人に1人は敏感な気質を持っている。」
「それは欠点ではなく、立派な個性である。✨」
そう書かれていたのは、
エレイン・N・アーロンさん著の
「ひといちばい敏感な子」
という本でした。

その本には、今までの自分の特性を
肯定するような内容が
書かれていました。?

例えば、
今まで自分が臆病だと思っていた性格を、
『思慮深く慎重な性格』と表現されていたり、
何故自分が色々な事に敏感で、かつ
周囲と同じように馴染めないのかなど、
幾つかの実例を元に解説されています。

今まで漠然と周囲との違いを
感じ取っていた私ですが、
このHSPという特性を知ったことで、
少しだけ気持ちが楽になったように
感じています。?✨

この記事を読まれている皆さんにも、
何か参考になることがあるかも
しれませんので、
興味がありましたら
是非読んでみて下さい♪

自分のことを、もっとよく知る
きっかけになるかもしれません。(*^-^*)

ひといちばい敏感な子

ひといちばい敏感な子