読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【物語】青い花の末路

青い花は言いました。
「君、凄く良い色をしているね。」
すぐ隣で咲いていた黄色の花が言いました。
「そう?そうでもないと思うけど。」
f:id:usakoromochi0356:20160829180037j:plain
青い花は黄色の花のことを
羨ましく感じていました。
けれども、黄色の花のほうは
たいして青い花に関心を寄せてはいませんでした。
青い花はもどかしい気持ちで
いっぱいでした。
(どうしたら、あんなにきらびやかな色が
出せるのだろう・・・)
青い花は毎日のように試行錯誤して、
少しでも黄色い花に近づけるよう
頑張りました。
そうして、365日が経過した頃、
やっと青い花びらの先端が
黄色に染まりはじめました。
隣で咲いていた黄色の花は、
びっくりして青い花に問いかけました。
「君、その花びらの色はどうしたの?」
f:id:usakoromochi0356:20160829184018j:plain
青い花が答えました。
「最近、水を飲む量を少し減らしてね。
そうしたら、徐々に花の色が
変わりはじめたのさ。」
黄色の花はびっくりし過ぎて、
目を丸くしていました。
青い花は誇らしい気持ちで、でも
体の隅に微かな不調を感じながら、
ピンと茎を伸ばして立っていました。

それからしばらくは
何の変化もない日々が続いていたのですが、
ある暑い日が続いた夏の日、
突然、青い花が「あぁっ!」と叫びました。
黄色い花はびっくりして、
今まで暑さで閉じていた瞳を開けました。
f:id:usakoromochi0356:20160829185742j:plain
そこには、灼熱の大地の上で
変わり果てた青い花の姿がありました。
黄色い花は問いかけました。
「君、今まで一体何をしてたんだい?
どうしてそんな姿に変わってしまったのさ。」
青い花は弱々しい声で答えました。
「どうしても、君のようになりたかったんだ。
それで、頑張って水を飲まないようにして
いたのだけれど、限界で・・・
この有様さ。」
青い花はぐったりと茎を垂らし、
その花びらはまだらに黄色で
とても健康とは程遠い姿をしていました。
「どうして、そんなに僕のことを羨むんだい?
君は、そのままでも充分素晴らしいのに。」
黄色の花は言いました。
青い花は答えます。
「素晴らしくなんかないさ。この近辺に住む
連中は皆君の方に夢中で、僕の方に関心を
向ける奴なんざ一人もいない。僕は、
寂しかったんだ。」
黄色の花は複雑そうな表情をして、
青い花の方を見やりました。
青い花は、もう気力のほとんどを失った姿で、
その場に倒れ込んでいました。
f:id:usakoromochi0356:20160831215223j:plain
何もできない黄色の花は、
ただ青い花が何かを喋り出すのを
待つしかありませんでした。
青い花は、
最後の力を振り絞ってこう呟きました。
「君は、いつも忽然とした態度でいるよね。
僕は、それが羨ましかったんだ。」
黄色い花が何も言えずにいると、
そのまま青い花は息を引き取りました。

黄色い花は、心の中でこう呟きました。
(僕が忽然とした態度でいられるのは、
僕が僕以外の何者にも変われないと
ずっと前から諦めていたからさ。
君は変わろうとした。
好きとか嫌いとかじゃなくて、
ただ僕はここに立っていただけなんだ。)

空を滑空していた鳥は、言いました。
「あーぁ、せっかくこの黄色ばかりの
広い大地に、珍しい色の花が咲いていると
思ったのに、枯れてしまったのか。
あの青い花の上を飛ぶのは、
僕の楽しみの一つでもあったのに、
残念だなぁ。」

そうして、
枯れてしまった青い花
名残惜しそうに見つめ、
遥か彼方へと飛び去っていきました。